【香港ディズニー】アトラクション「Tarzan’s Treehouse」の映画『ターザン』の世界へ!!

香港ディズニーランドにあるアトラクション「Tarzan’s Treehouse」(ターザンのツリーハウス)が2024年1月に再オープンしました。いつから休止になっていたか詳しい日にちはわかりませんが、コロナ自粛期間中はずっとツリーハウスはクローズしていました。

アトラクションの位置

アトラクションはアドベンチャーランドにあります。場所は映画『ライオン・キング』をテーマにした「Festival of the Lion King」の目の前です。

 

アトラクション「Tarzan’s Treehouse」は、1999年のディズニーアニメ映画『ターザン』の物語を再現しています。

映画『ターザン』を、観てから体験すると楽しさ倍増です!

映画『ターザン』あらすじ

ジャングルで置き去りにされた人間の赤ん坊を助けたメスゴリラのカーラは、その子をターザンと名付けて育てます。姿かたちの違いから仲間に拒否され傷つく幼いターザンでしたが、カーラに励まされたくましく成長してゆきます。ある日、イギリスからやってきた美しい女性ジェーンに出会ったターザンは、自分そっくりの生き物の存在に驚きます。自分を育ててくれた“家族との絆”と“未知なる人間社会”というふたつの世界に引き裂かれながら、“本当の自分が生きる場所”を探し求めるターザンの心の冒険をダイナミックに描き出します。

 

ターザン島までは丸太の船で向かいます
丸太の船

手前の丸太の船に乗って、アドベンチャー河からターザン島まで出発します!この船はターザン島に行くことができる唯一の乗り物です。
ベビーカーは船に乗せることはできないので、いかだ乗り場の横に置いていくことになります。車椅子の方は利用できるそうなのでキャストさんに聞いてみてください。ツリーハウスの一部のエリアにアクセス可能とのことでした。

 

丸太の船の名前は「KALA」

乗り込んだ船には「KALA」と名前がありました。カーラ(KALA)はターザンを育てたメスゴリラの名前です。
他の船にもキャラクターの名前が付いているのでしょうか?1隻しか稼働していなかったので、今度乗ったときにまたチェックしてみます!

到着したら滝があり、マイナスイオンに癒やされます。夏場はリフレッシュできる良いスペースになりそう。

 

ゴツゴツした岩のトンネルを通り抜けると…

ツリーハウスの入口

ジャングルツリーハウスの入口までやってきました!ツリーハウスの頂上に行くには157段の階段を登る必要があります。この階段も回収された難破船から作られた、というストーリーがあるそう。

アスレチックのようなアトラクションではないので、体力に自信がない方でも大丈夫だと思います。

ターザン島に到着すると皆いっせいに登り始めるので、始めはこんなかんじで列になってしまいます。ちょっと時間をあけるとゆっくりと見学できます。

ツリーハウスでは映画『ターザン』のストーリーがリアルに再現されています。

ターザンの宿敵サボー(Sabor)

ジャングルに住む凶暴な豹のサボー。ターザンの実の両親を襲ったときのシーンも大迫力でした。サボーの唸り声も聞こえます!

吊橋

吊橋は多少揺れますが、木の板がしっかり張ってあり、地面が見えないので怖くありませんでした。

  

カーラ(Kala)と赤ん坊のターザン(Tarzan)

赤ちゃんのターザンをカーラが優しく抱っこしています

 

頂上に近づくと、アドベンチャーランド、トゥモローランドのハイパースペースマウンテン、グリズリーガルチのビッググリズリーマウンテンの壮大な景色を楽しむことができます!

ターザン(Tarzan)とヒロインのジェーン(Jane)

ジェーンがターザンをスケッチしているシーン。ジェーンの絵がどんどん出来上がっていきます。

ツリーを降りてくるとジェーンと父親の研究室の様子が見学できます。

 

ペダルを踏むとやかんのお湯が沸く大掛かりなおもちゃがあったり、打楽器を弾けたりと、ワクワクする仕掛けがたくさんありました。

 

ジャングル・クルーズに出てきた赤ちゃんゾウさんもいました

 

まとめと感想

東京ディズニーランドの「トムソーヤ島いかだ」と「スイスファミリー・ツリーハウス」が一緒になったようなアトラクションです。加えて『ターザン』の世界を体感できるので、冒険好きの方におすすめです。

夜景もキレイそうですが、残念ながら営業時間は18時までとなっています。体験したい方はぜひ終了時刻までに行ってみてくださいね。

 

\パークに持っていくと便利なものも纏めています!よろしければどうぞ!/

【香港ディズニー】パークに持っていくと便利なもの11選

本日もお読みいただきありがとうございました。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP